『脱学校』が見えてくる スタディーログの未来

最先端の教育イノベーターが集結するグローバルカンファレンス「Edvation×Summit 2019」は11月5日、2日目を迎え、「スタディーログの未来と課題」と題したパネルディスカッションが行われた。ICT環境の下で学習を進めていくと、児童生徒一人一人の学習履歴がスタディーログとして蓄積されていく。新学習指導要領が掲げる個別最適化された学びを高いレベルで実現するためには、スタディーログの活用が鍵になるとみている識者は多い。セッションでは、ブロックチェーン技術を使ったスタディーログの管理など、最先端の動きが報告され、「スタディーログによって『脱学校』が現実的な選択肢になってくる」などと学校教育の未来像を巡って刺激的な意見が交わされた。

パネリストは▽橋田浩一・東京大学大学院教授▽稲田友・NTTコミュニケーションズ smart education推進室担当課長▽圷(あくつ)健太・LasTrust代表取締役▽小野成志・NPO法人CCC-TIES副理事長――の4人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。