特別支援教育でのICT活用 有識者会議が議論

これからの特別支援教育の在り方を検討している文科省の有識者会議は11月8日、第3回会合を開き、特別支援教育でのICT活用について議論した。ICTを活用した障害者の学習支援の取り組みについて発表した中野泰志慶應義塾大学教授は「社会や学校でのICT利用を当たり前にし、インクルーシブな社会の実現を目指すことを、この有識者会議で検討すべきだ」と提言した。

タブレット端末で教科書や教材を閲覧できるアプリ「UDブラウザ」の開発などで知られる中野教授は、障害のある人にとってのICTの意義には、「心身の機能を補完する道具」と「インクルーシブな社会の再構築」の2つの側面があると強調。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。