バイトする理由、貯金がトップ 高校生対象の調査で

マイナビは11月7日、「高校生のアルバイト調査」の結果を公表した。アルバイトする理由のトップは貯金目的だった。

理由は(複数回答)、▽「貯金をするため」66.7%▽趣味のため 48.5%▽社会経験を積むため 30.3%▽自分の生活費のため 29.9%。

アルバイトを探すときに就職を意識したとの回答は64.1%で、具体的には、対人スキルを重視した高校生が多かった。

特に目立ったのは(複数回答)、「挨拶や接客ができるようになる」(30.4%)、「正しい言葉遣いができるようになる」(26.9%)、「社会経験を積むことができる」(26.6%)――などだった。

学校生活とアルバイトのバランスについての設問では、アルバイトのほうに「どちらかというと力を入れている」または「とても力を入れている」と回答した高校生が合わせて28.5%に上った。

学年別に見ると、▽高校1年生 27.7%▽高校2年生 26.7%▽高校3年生 31.0%――だった。

同調査は、8月30日から9月6日にかけて実施。全国の15~18歳の高校生2164人の回答を集計した。