【佐藤昌宏教授】英語教育改革とEdTechテーマに鼎談

11月13日に都内で開かれた「eラーニングアワード2019フォーラム」(主催=e-Learning Initiative Japan)では、ICTによる英語教育改革をテーマに、佐藤昌宏・デジタルハリウッド大学大学院教授と正頭英和・立命館小学校教諭、行正り香・REKIDS代表取締役による鼎談(ていだん)が行われ、EdTechが日本人の英語4技能の習得に与えるインパクトについて議論した。

英国のバーキー財団が創設した「グローバル・ティーチャー賞」で、今年トップ10に選出された正頭教諭は「英語学習の成功の鍵は学校外の学習だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。