ビッグデータで学習意欲向上 eラーニング開発者が講演

学習意欲の向上など、eラーニングの成果を確実に保証できる――。e-Learning Initiative Japanが主催する「eラーニングアワード2019フォーラム」が11月13日、東京都千代田区の御茶ノ水ソラシティを会場に始まった。15日まで。初日のこの日は、「第16回日本e-Learning大賞」で文部科学大臣賞に輝いた岡山大学の寺澤孝文教授が、自身が開発したビッグデータを活用した新しいeラーニングシステム「マイクロステップスタディ」について講演した。

「マイクロステップスタディ」は、漢字や英単語などの暗記学習について、ビッグデータを活用して学習者に合わせて問題を出題・テストするタイミングを管理。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。