大学生の就職内定率は76.8% 前年比横ばいで依然高く

文科、厚労両省は11月15日、今年度の大学卒業予定者の就職内定状況(10月1日時点)を公表した。大学生の就職内定率は76.8%で、1997年の調査開始以来2番目に高い値となり、最高だった前年同期と比べると0.2ポイント減の横ばいとなった。

大学の就職内定率の推移

大学の就職内定率のうち、国公立大学は79.4%(前年同期比4.4ポイント増)、私立大学は75.9%(同1.7ポイント減)。短期大学の就職内定率は40.6%(同2.2ポイント減)で、高等専門学校の就職内定率は96.2%(同2.5ポイント増)だった。

大学の就職内定率を男女別にみると、男子は76.1%(同0.9ポイント減)、女子は77.6%(同0.6ポイント増)だった。また、文理別では、文系が76.2%(同0.3ポイント減)、理系が79.3%(同0.1ポイント増)だった。

地域別の大学の就職内定状況は▽北海道・東北 74.5%(同4.1ポイント増)▽関東 80.5%(同増減なし)▽中部 74.4%(同1.6ポイント減)▽近畿 79.6%(同2.5ポイント減)▽中国・四国 70.1%(同5.4ポイント増)▽九州 66.9%(同2.1ポイント減)――となった。

同調査は大学や短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)から112校を抽出し、6250人を対象に実施した。


関連