【共通テスト】記述式以外も問題多い 大学教員らが声明

大学教員らによる「入試改革を考える会」は11月15日、来年度からの共通テストの実施延期と大学入試センター試験の継続を求める緊急声明と、声明に賛同する1068筆の署名を文科省に提出した。同日に文科省で開いた記者会見で、同会メンバーらは、大学入学共通テストには、国会などで議論となっている記述式問題以外にも、多くの課題があると指摘した。

緊急声明によると、国語と数学で出題される記述式問題について、採点者の質、採点業務を委託された業者からの問題漏えい、自己採点と実際の採点結果とのずれによる大学選択や合否予測への影響を懸念。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。