【共通テスト】参院文教科学委で参考人質疑 記述式巡り

高大接続改革を巡り、参院の文教科学委員会は11月19日、大学入学共通テストの国語などで出題される記述式問題に関して参考人質疑を行い、大学教員や高校関係者から問題点をヒアリングした。高校関係者からは、受験生の不安解消を求める声が上がる一方、大学教員からは、共通テストで記述式問題を出題する際の作問や採点の技術的困難さが指摘された。

全国高等学校長協会(全高長)会長の萩原聡・東京都立西高校長、日本私立中学高等学校連合会会長の吉田晋・富士見丘中学高校長、木村小夜・福井県立大学教授、紅野謙介・日本大学教授の4氏が参考人として意見を述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。