台風19号被災生徒の受け入れ 東京都教委が発表

東京都教委は11月19日、台風19号で被災した生徒について、被災に伴い都内に転居することになった高校生らから転籍の希望があった場合、都立学校で今年度中の転学を受け入れると発表した。

対象となるのは、台風19号による災害救助法適用地域に住居を有し、被災に伴い保護者とともに都内に転居することが確実な生徒。保護者のどちらか一方と転居する場合や、都内にいる身元引受人と同居する場合を含む。

対象生徒から都立学校への転籍の希望があった場合、り災証明書や在籍する高校の生徒証、転居を証明する書類により応募資格が確認できれば、各都立学校で今年度中の転学を受け入れる。通常の住民票異動などの手続きができない場合でも、弾力的な取り扱いにより転入学できるとしている。

受け入れにあたっては、都立高校や都立高校の附属中、都立中等教育学校が面接など必要な検査を実施し、受け入れを決定する。学力検査は課さない。受け入れ校については、生徒や保護者らと相談の上で東京都教委が決定する。入学考査料と入学料は免除。

都立特別支援学校の幼稚部と高等部では、転学相談を実施する。特別支援学校小・中学部への転学を希望する児童生徒については、転居先の区市町村教委が対応する。来年度都立高校入学者選抜での扱いについては、都教委が別途決定する。


関連