学校建築の世界的潮流 OECD研究者らが国際シンポ

学習環境の効果に関するOECD(経済協力開発機構)の研究グループが日本で年次会合を開いているのに合わせ、会合の会場となっている東京工業大学は11月20日、未来へ向けた教育を支える効果的な学習環境の在り方をテーマに、学校建築国際シンポジウムを開いた。研究グループのメンバーらが、各国の事例を報告。21世紀スキルの習得に向け、教室環境の教員中心から学習者中心への転換が叫ばれた。

講演で、OECDシニア政策アナリストのジョアンナ・キャディー氏は「OECDや加盟国は、教育について3つの問題を抱えている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。