【萩生田文科相】英語民間試験 「制度上大きな問題あった」

萩生田光一文科相は11月26日までに、教育新聞のインタビューに応じ、大学入学共通テストにおける英語民間試験導入見送りの決断について、「英語民間試験は制度上大きな問題があると判断した。もともと存在している民間の英語検定を借りて、新しい大学入試制度を作ろうとしたところに無理があった」と述べ、既存の民間検定を活用する制度設計そのものに欠陥があったとの認識を明らかにした。その上で、今後1年間をかける検討作業について、国が主導して試験会場の確保や受験料の設定を行う新たな制度を構築する考えを表明した。検討作業は「年末までに着手する」と話した。

萩生田文科相は、導入を見送った英語民間試験の活用案について、「民間の実施団体に『会場を増やせ』と言っても不可能な場合がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。