高卒認定試験で時間割に誤記載 台風19号による再試験で

文科省は11月25日、台風19号の影響で再試験を実施した今年度第2回高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)で、対象者に送付した再試験の案内の中で、一部科目の時間割を誤って記載していたと発表した。

誤記載のあった時間割

該当科目の受験者は13人。文科省は各人に誤記載を謝罪した上で、本来の時間割か誤って記載された時間割のいずれかで試験を実施し、全員が予定の科目を受験できた。

第2回高卒認定試験は11月9~10日に実施されたが、台風19号の影響でやむを得ず受験できなかった人を対象に、同23~24日に全国5会場で再試験を実施した。再試験の対象者45人には、当初の試験実施日の前に受験票を、再試験希望後には、試験日程や会場についての案内を文科省から送付していた。

このうち、再試験の案内の中で、24日実施の理科の科目について、正しくは4時限目「生物基礎」、5時限目「地学基礎」、6時限目「化学基礎」とすべきところを、誤って4時限目「化学基礎」、5時限目「生物基礎」、6時限目「地学基礎」と記載。受験者からの指摘で誤りが判明した。

該当科目の対象者には、会場でのアナウンスや電話連絡により事情を説明した上で、受験者11人については、受験票に記載された本来の時間割で試験を実施。本人の都合で再試験の案内に記載された時間割での受験を希望した2人については、その時間割で試験を実施した。

高卒認定試験では通常、受験者は試験終了後に問題冊子を持ち帰ることができるが、同一科目の試験を異なる時間帯に受験する受験者同士の接触を防ぐため、試験終了後には問題冊子を回収。後日、受験生に郵送する対応を取った。

文科省では、再試験の案内の記載内容について確認が不十分だったとして、再発防止の徹底に努めるとしている。


関連