【英語民間試験】国立大入試での活用方針 国大協が公表

大学入学共通テストにおける英語民間試験の延期に伴い、国立大学協会(国大協)は11月29日、各国立大学の入試における英語民間試験の対応状況をホームページで公表した。入試での、英語民間試験の独自活用の有無などを確認できる。

11月1日に萩生田光一文科相が共通テストでの英語民間試験の活用延期を表明したことを受け、国大協は対応を協議。国立大学では来年度の入試概要をすでに公表し、多くの大学が英語民間試験の活用を前提としていたことから、受験生の不安を早期に解消する必要があると判断。29日までに、一斉に方針を公表することを決めていた。

文科省では、来年度に実施される大学入試での英語民間試験の活用の有無やその方法について、12月13日までに各大学ホームページなどで公表するよう要請している。


【関連】