プログラミング教育のポテンシャル 参入企業がシンポ

来年度から小学校で始まるプログラミング教育必修化を前に、超教育協会は12月2日、異業種からプログラミング教育に参入した民間企業によるシンポジウムを都内で開いた。プログラミング教育市場の持つポテンシャルや、小学校での必修化への対応などについて、担当者らがお互いのビジョンや戦略を意見交換した。

CSR(社会貢献)活動の一環で学校でのプログラミング教育を支援したり、全国各地でプログラミング教室を展開したりしているIT関連企業など、教育以外の分野の担当者が登壇。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。