体罰によらない子育て 厚労省がガイドライン素案

子育てにおける体罰の問題を議論していた厚労省の「体罰等によらない子育ての推進に関する検討会」は12月3日、第3回会合を開き、しつけと体罰の違いや体罰が子供に与える悪影響などを整理したガイドラインの素案を取りまとめた。今年6月に改正児童福祉法が成立し、子供への体罰禁止が明文化されたことを踏まえ、子供の権利を保障する観点から、保護者や社会の体罰に対する意識変革を求めた。

素案では、体罰によって子供の行動が変わったとしても、それはたたかれた恐怖によって行動した結果であり、子供の成長の助けにならないとし、体罰の必要性を否定。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。