子供のネット制限に警鐘 ユニセフが報告書

ユニセフ(国連児童基金)は11月29日、ドイツのベルリンで開かれたインターネットガバナンスフォーラム(IGF)で、子供のネット使用に関する報告書『つながる世界で成長する私たち』(原題:Growing up in a connected world)を発表した。子供のネット利用を制限しすぎると、学習やスキルを身につける機会を奪うと指摘した。

報告書では、ヨーロッパ、アフリカ、東南アジアなどの11カ国、約1万5000人の子供のインターネット利用に関するデータを比較。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。