【PISA2018】読解力の課題 中教審教育課程部会が検討

OECD(経済協力開発機構)による、生徒の学習到達度調査(PISA)の2018年調査で、日本の読解力の順位が低下したのを受け、中教審教育課程部会(第114回会合)は12月4日、課題を検討した。委員からはICTを活用した学習場面を増やすことや、読解力の定義を見直すことが提案された。

この日の会合では、調査結果を踏まえ、耳塚寛明・青山学院大学教授が生徒の学力と家庭の文化資本、経済資本との関係について、髙木まさき・横浜国立大学教授が読解力における国語教育の課題について、それぞれ発表した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。