【PISA2018】デジタル時代の読解力に遅れ OECD局長

日本の生徒の読解力が低下した最大の理由は、デジタル時代に求められる能力の不足であり、それが記述式問題で露見した――。生徒の学習到達度調査(PISA)の2018年調査を取りまとめたOECD(経済協力開発機構)のアンドレアス・シュライヒャー教育スキル局長は12月4日までに、インターネット経由で日本人記者団と会見し、読解力の低下について、「デジタル時代が到来し、読む行為には重要な変化があった。日本の生徒たちはデジタル世界で複雑な文章を読む行為を十分に経験していないし、日本の試験や成績評価もまだ十分に対応できていないのではないか」と述べ、デジタル時代に求められる読解力に対し、日本の教育の対応が遅れているのが原因との見解を示した。

今回のPISA2018では読解力が参加79カ国中15位となり、前回調査の8位から大きく後退した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。