【英語民間試験】英検第1回検定 キャンセル受付を開始

大学入学共通テストの英語民間試験活用延期を受け、英検は12月3日から、来年4~7月に実施予定の「英検2020 1 day S-CBT」第1回検定の予約申し込みキャンセルや、継続予約、追加予約の受付を開始した。いずれも専用サイトからの手続きが必要。12月24日まで受け付ける。

第1回検定は9月18日から予約を開始しており、約30万人が申し込んでいた。キャンセルする場合は、予約金3000円が全額返金される。

英語民間試験を独自に入試に利用する大学もあることから、高校2年生と既卒者を含む高校3年生以上を対象に、追加予約の申し込みも受け付ける。

合わせて、英検は第1回検定の試験会場について、離島を含む11エリアを新たに追加する。また、同じ級であれば、第1回検定が実施される4~7月に従来型の英検などと併願できるようにする。

さらに、来年度をめどに、受検者の成績を所属校や塾が確認できるようにする「団体成績提供システム(仮称)」を提供すると発表した。


関連