【共通テスト】記述式延期を与党提言 文科相は延期否定

大学入学共通テストの記述式問題を巡り、公明党は12月5日、来年度導入の見直し・延期を検討するよう、萩生田光一文科相に提言した。自民党も同日、文部科学部会を開き、記述式問題の実施について、受験生の不利益にならないよう早期の検討を求める決議を取りまとめた。一方、萩生田文科相はコメントを発表し、導入延期を否定した。

自民党の決議は「延期」を明記しなかったものの、受験生の不安は高まっているとして、文科省は一刻も早く総点検して対応策を検討し、入試が適正に実施できる体制を整えるよう求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。