【共通テスト】自民、記述式で「早急な方針表明」求める

大学入学共通テストの記述式問題を巡り、自民党文部科学部会は12月6日、文科省に萩生田光一文科相を訪ね、試験の適正な実施が可能かどうか早急な方針表明を求める決議を手渡した。記者団の質疑に応じた文部科学部会長の高階恵美子参院議員は決議の狙いについて、「延期ありきではない。どういう教育を実現していきたいのか、その実現可能性はどうなのかを一つ一つ考えた上で、政府が早急に態勢を整えるよう求めた」と説明した。

自民党文部科学部が決議の中で政府の取り組みを求めた2項目は次の通り。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。