【共通テスト】記述式「年内に方向性」 萩生田文科相

萩生田光一文科相は12月6日、閣議後の記者会見で、来年度から始まる大学入学共通テストの記述式問題について、与党から見直しや延期の要望が出ていることに関連し、「一番大事なのは受験生。テスト実施の1年前には課題への対応策が決まっていなければ不安を感じると考えるので、年内には方針を固めていきたい」と述べ、採点の質や自己採点などの課題について年内に方向性を出す考えを明らかにした。

文科省が記述式問題の導入延期の決定や検討を行っているとの一部の報道について、萩生田文科相は「(決定や検討の)事実はない」と否定した上で、「記述式問題に関して指摘されている課題に対して、どのような改善が可能であるか検討しており、課題解消に向けて努力を続けている」と述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。