尖閣諸島を知ったのは「学校の授業」やや増加 内閣府

内閣府は12月6日、島根県隠岐の島町の竹島と、沖縄県石垣市の尖閣諸島についての世論調査結果を、それぞれ公表した。尖閣諸島について学校の授業で知ったと答えた人は、2017年の前回調査よりやや増加した。竹島については横ばいだった。

両調査は、それぞれ18歳以上の日本国民3000人を対象に、今年9~10月に実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。