学科の在り方巡る議論開始 専門高校も検討、高校改革WG

高校改革について議論している中教審の「新しい時代の高等学校教育の在り方ワーキンググループ」(高校改革WG)は12月9日、第5回会合を開き、専門学科での専門性を育成するカリキュラムの在り方について検討した。また、普通科などの学科の在り方についても、具体化に向けた議論を開始した。

高校の専門学科の事例報告として、今年度からIT企業や専門学校と連携し「P-Tech」を展開している東京都立町田工業高校と、大学と連携した商業分野での高大接続カリキュラムで実績を上げている大阪市立大阪ビジネスフロンティア高校が、それぞれの取り組みを発表。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。