インフルエンザによる休校など933施設 流行が本格化

 インフルエンザによる休校や学級閉鎖などが11月25日~12月1日の1週間で合計933施設に上ったことが、厚労省の集計で12月10日までに明らかとなった。前週の495施設と比べ1.9倍に跳ね上がるなど、インフルエンザの流行が本格化している。

 同省によると、11月25日~12月1日の週の、全国の医療機関などからのインフルエンザ報告数は、全都道府県で前週より増加した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。