保育士の処遇改善など 子育て支援新制度で見直し方針案

 内閣府の子ども・子育て会議は12月10日、第50回会合を開き、子ども・子育て支援新制度の施行後5年を踏まえた、関連制度の見直し方針案を取りまとめた。今年10月から始まった幼児教育・保育の無償化などを踏まえ、保育人材の確保をはじめとする保育の質向上に関する提言を盛り込んだ。

 2015年度から施行された子ども・子育て支援新制度は、子ども・子育て支援法の附則で、施行後5年をめどに、制度や法律の施行状況について検討を行うこととされており、同会議で検討を重ねてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。