成年年齢は18歳でも成人式は20歳 自民WGが提言

改正民法の施行により、2022年度から成年年齢が18歳に引き下げられるのを踏まえ、自民党の「成人式のあり方に関するワーキンググループ」(座長=船田元衆院議員)は12月9日、成人式は引き続き20歳に実施するのが適切だとする提言を森雅子法相に提出した。

提言では、成人式の実施の在り方や開催時期については、自治体や実施団体が決めるべきだとしながらも、成人式の対象を18歳に引き下げた場合、大学入試や就職を控えた時期に当たるため、落ち着いて祝うことが困難であることから、これまで通り20歳を対象とした「新成人を祝う会(仮称)」を、成人の日の前後に開催するのが望ましいとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。