高校の就職内定率は77.2% 高水準維持するもやや減少

文科省は12月13日、来年3月に高校を卒業予定の就職希望者の就職内定状況を公表した。今年10月末時点での就職内定率は77.2%で、高い水準を維持したものの、前年同期比で1.0ポイント減少した。

同調査は、全国の国立、公立、私立高校の全日制、定時制を対象に悉皆(しっかい)で実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。