シチズンシップ教育の学会創設 発起人、水山教授に聞く

社会の多様化や成年年齢の18歳への引き下げなどを受け、日本の学校現場では今、さまざまな教科などでシチズンシップ教育の実践が広まっている。12月15日には、東京都渋谷区の青山学院大学で「日本シティズンシップ教育学会」の設立記念シンポジウムが開催される。シチズンシップ教育を研究対象とした学会を創設することとなった経緯について、発起人の一人で同学会設立準備委員会委員長の水山光春・青山学院大学特任教授に12月12日、インタビューした。
シチズンシップ教育を研究する意義
――日本でもシチズンシップ教育の実践が広がりつつあるが、シチズンシップ教育はこれまでの日本の主権者教育などと、どう違うのか。
私は、シチズンシップ教育を「一言でいうと、一人前の大人意識を育てる教育だ」と説明している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。