支援学校でフェアプレイスクール DeNA大和選手が講師

秋田県大仙市の県立大曲支援学校(小林司校長、児童生徒115人)で12月12日、トップアスリートがフェアプレーの精神と行動について伝える、日本スポーツ協会(JSPO)主催の「フェアプレイスクール」が開催された。横浜DeNAベイスターズの大和選手が、高等部1~3年生57人に講義と体験授業を行った。

はじめに同校の代表生徒2人が、自身が経験したフェアプレーに関するエピソードを披露。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。