【記述式問題】延期ではなく中止を 野党が要望書

野党の国会議員らが12月16日、文科省を訪れ、大学入学共通テストにおける国語と数学の記述式問題の導入中止を求める要望書を提出した。共通テストでの記述式問題の導入を延期とした場合でも、教育現場の混乱や対象となる学年の生徒に不安は残るとして、延期ではなく中止すべきだとした。

立憲民主党、国民民主党、日本共産党などの野党はこれまで、共通テストの記述式問題に関する野党合同ヒアリングを実施しており、記述式問題の導入を中止する法案も国会に提出していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。