教職員定数改善で3726人分確保 来年度予算案で大臣折衝

 萩生田光一文科相は12月17日、麻生太郎財務相と来年度予算案の大臣折衝に臨み、折衝後に記者会見を開いた。新学習指導要領の実施や学校の働き方改革推進を目的に、既存の加配定数の振替増を含めて3726人分の教職員定数の改善や、スクール・サポート・スタッフ、部活動指導員などの外部人材の活用に62億円が認められたと発表した。

 来年度予算案における義務教育費国庫負担金は1兆5221億円で、今年度と比べ21億円増となる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。