両翼失った共通テスト 1点刻みからの脱却、どう共有

12月17日、萩生田光一文科相は2021年1月に実施される大学入学共通テストでの記述式問題の実施見送りを表明した。これにより、高大接続改革の目玉だった共通テストは、英語民間試験の活用に加え、記述式問題の出題という両翼を失ったことになる。その代償として、今後、文科省はこの経緯を検証するとともに、1点刻みの大学入試から脱却し、新たな大学入試のシステムの姿を描き直さなければならない。その際、高大接続改革や新たな大学入試の狙いが、大学や高校だけでなく、広く国民と共有されなければ、同じ失策を繰り返すことになりかねない。そうした議論に向けて、まずは、英語民間試験の延期から始まった共通テストを巡る今日までの動きを振り返る。
社会問題化した英語民間試験の活用
共通テストを巡っては、9月に全国高等学校長協会(全高長)が文科省に対し、英語民間試験の活用延期を要望したことを発端に、一気に社会問題化した。来年4月からの開始を前に、試験実施団体や大学の方針が受験生に伝わってこなかったことや、地域間格差、経済格差の問題の解消が不十分というのが、その理由だった。

特に後者では、萩生田文科相が出演したテレビ番組で「自分の身の丈に合わせて勝負してもらえれば」と述べた「身の丈発言」に対する批判も追い打ちをかけた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。