【記述式問題】萩生田文科相会見詳報 経緯と理由を語る

萩生田光一文科相は12月17日、大学入学共通テストで導入予定だった国語と数学の記述式問題について、2021年1月の実施を見送ることを表明した。記者会見では、採点体制や採点ミス、自己採点の不一致など多くの課題について、さまざまな改善策を検討した経緯を説明。結果的に、記述式問題の実施を先送りした判断の理由を語った。冒頭発言と記者団との主なやりとりは次の通り。
(冒頭発言)
大学入学共通テストにおける記述式問題について、国会での指摘なども踏まえ、協議を続けてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。