【記述式問題】文科相、2021年1月の導入見送りを表明

 来年度から始まる大学入学共通テストの数学と国語で予定されていた記述式問題について、萩生田光一文科相は12月17日、閣議後の記者会見で、(1)現時点で採点体制を明示できない(2)採点ミスをゼロにすることは期待できない(3)自己採点と採点結果の不一致を格段に改善するのは難しい――の3点を挙げた上で、「本番まで1年を切ろうとするなかで、このままでは受験生の不安を払拭(ふっしょく)することができない」と述べ、2021年1月に実施する共通テストでは記述式問題の導入を見送る考えを表明した。英語民間試験の活用延期に続く記述式問題の導入見送りで、大学入試改革の柱となってきた共通テストの姿は大きく様変わりする見通しになった。

 共通テストにおける記述式問題の取り扱いについては、文科相の下に検討会議を新設し、英語民間試験の活用延期で宙に浮いた状態になっている英語4技能試験と合わせ、「大学入試の充実策を検討していきたい」と説明した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。