見守りカメラとAIで通学路の危険度を推定 沖縄

沖縄電力とNECは12月16日、沖縄県うるま市内の通学路に見守りカメラ1台を設置し、映像から交通状況をAIで分析して、交通事故の危険度を推定する実証実験を始めたと発表した。来年2月まで実施する。

事故予測を分析する画面のイメージ(NEC提供)

カメラを設置したのは、交通量が多い「安慶名交差点」の電柱。人や普通車、大型車などを識別しながら、車種別の車両走行台数や速度、歩行者通行量などのデータを収集する。

これをAIで分析し、各時間帯での交通事故の危険度を算出。画像データは即時に破棄されるため、個人を特定できる情報は保存されないとしている。

危険度情報は外部提供し、事故防止のためのインフラ整備や注意喚起する際のデータとして、自治体などが活用できるようにする。

両社は今後、学校などの施設データや、交通事故データ、気象データ、各種イベントなどの情報も取り入れることで、予測精度向上を目指すとしている。