見守りカメラとAIで通学路の危険度を推定 沖縄

沖縄電力とNECは12月16日、沖縄県うるま市内の通学路に見守りカメラ1台を設置し、映像から交通状況をAIで分析して、交通事故の危険度を推定する実証実験を始めたと発表した。来年2月まで実施する。

カメラを設置したのは、交通量が多い「安慶名交差点」の電柱。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。