生徒のSOSを拾えず 中1自死で所沢市教委が報告書

2017年に埼玉県所沢市立中学校に通う1年生の男子生徒が自死したことについて、所沢市教委は12月13日、第三者委員会による調査報告書を公表した。多忙な部活動や同級生から侮辱的なあだ名で呼ばれたことなど、複数の要因が自死に追い詰めたことや、生徒から発せられたSOSを学校側が拾える体制になかったことが指摘された。

同報告書によると、生徒は中学校に入学して卓球部に入ったが、部の雰囲気になじめず、友人には退部したいと告げていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。