通知表の配布を1月に延期 システム障害で、練馬区

東京都練馬区は12月16日、区立小中学校全98校で、25日の終業式に渡す予定だった通知表の配布を来年1月に延期すると発表した。日本電子計算(東京都千代田区)が提供する自治体向けクラウドサービス「Jip-Base」のシステム障害が原因。小中学校が利用する教育ネットワークシステムのほか、区教委の財務会計システム、インターネット閲覧用サーバーの3システムに影響が出て、全校のホームページも閲覧できなくなった。

同区教委によると、通知表の配布延期で影響を受けるのは、小学校65校の3万3253人と中学校33校の1万3075人。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。