23年から推薦と一般を統合 広島県教委が高校入試で方針

広島県教委は12月18日、県内の公立高校の入試について、現在の小学6年生が受験する2023年春実施の入試から、推薦入試と一般入試を一次選抜に統合する方針を決めた。一次選抜では、全ての高校で受験生に「自己表現」を課す。

同県では、生徒の主体的な学びを促す教育活動への取り組みや新学習指導要領の趣旨を踏まえ、15歳の生徒に「自己を認識し、自分の人生を選択し、実現することができる力」を身に付けさせる観点から、高校入試の改善に踏み切った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。