【フラッグシップ大学】WGが最終報告案 来年度中に選定

教員養成について先導的・革新的な研究を行う「フラッグシップ大学」の在り方を検討している、中教審教員養成部会のワーキンググループ(WG)は12月19日、第7回会合を開き、最終報告案について大筋で了承した。フラッグシップ大学は2021年度からの開始を見据え、20年度に初回を公募。要件を満たした少数の大学を選定するとした。

最終報告案では、AIやビッグデータなどの技術が発展したSociety5.0時代に学校教育が対応するために、これからの教員には、ICTや先端技術を効果的に活用し、問題解決・発見型の学習活動を展開したり、個別最適化された学びを構想したりする力、関連する学問研究の最新成果を積極的に学び、実践に生かす力などが一層重要になるとし、教育委員会や企業などと連携し、そうした力を備えた教員の養成、研修の取り組みや研究をけん引する中核的な教員養成大学が必要だとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。