新築の公立学校施設の6割で木材使用 文科省調査

2018年度に新築された公立学校施設の6割で木材を使用していることが、12月20日、文科省の調査で分かった。文科省は木造校舎の整備や内装の木質化に対して国庫補助を実施しており、引き続き、自治体に公立学校施設での木材利用を促していく方針。

調査は、全国の公立の幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高校、中等教育学校、特別支援学校を対象に、木造施設の整備状況や非木造施設の内装木質化の状況、学校施設における木材使用量を調べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。