1人1台、経産・総務も予算化 EdTechや5Gを盛り込み

2023年度までに児童生徒1人につき1台のコンピューター環境の整備を目指す「GIGAスクール構想」で、経産省と総務省は、19年度補正予算案と20年度予算案に、それぞれEdTechの実証や学校の通信環境の整備を盛り込んだ。文科省は19日に「GIGAスクール実現推進本部」の初会合を開き、総務省や経産省などと連携した施策パッケージを決定しており、関係省庁が連携して1人1台環境の早期実現を目指す。

経産省では、「EdTech導入実証事業」として19年度補正予算案に10億円を盛り込む。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。