来年度予算案を閣議決定 文教関係予算は4兆303億円

政府は12月20日、来年度予算案を閣議決定した。文科省では5兆3060億円(前年度予算額比2億円減)となり、文教関係予算には4兆303億円(同30億円増)を計上した。新学習指導要領の円滑な実施や学校の働き方改革推進のため、3726人増となる教職員定数の改善を図るほか、スクールガード・リーダーの増員など、学校安全対策を強化。来年度から始まる高等教育の修学支援新制度のための予算などを盛り込んだ。

教職員定数の改善では、小学校の専科指導の充実として、英語の専科教員を新たに1000人加配するほか、小学校高学年の教科担任制を実施している学校を支援するため、既存の加配の振替分を含め2201人を充てる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。