市教委の元課長ら書類送検 ブロック塀倒壊による死亡事故

2018年6月の大阪北部地震で大阪府高槻市立寿栄小学校のブロック塀が倒壊し、同校4年生の女子児童が犠牲になった事故で、大阪府警は12月20日、同市教委の元学務課長ら3人と、点検業者の担当者の計4人を業務上過失致死の疑いで書類送検した。

調べでは、ブロック塀は設置から42年が経過しており、2015年には外部の防災アドバイザーが倒壊の危険性を指摘していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。