スポーツ庁全国体力調査 小学生男子が過去最低

スポーツ庁は12月23日、2019年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果を発表した。小中学生の男女共に体力が低下しており、小学生男子は過去最低を記録した。上体起こしなど実技8種目の結果を点数化した体力合計点は▽小学生男子 53.6点(前年度比0.6減)▽小学生女子 55.6点(同0.3減)▽中学生男子 41.6点(同0.6減)▽中学生女子 50.0点(同0.4減)――で、全世代の男女で低下し、特に男子の下げ幅が大きかった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。