わいせつ行為で処分受けた教職員 過去最悪282人に増加

文科省は12月24日、公立学校の教職員の休職や懲戒処分状況をまとめた、2018年度公立学校教職員の人事行政状況調査の結果を公表した。それによると、18年度に懲戒処分や訓告を受けた教職員は5978人(前年度比869人増)。このうち児童生徒らに対するわいせつ行為やセクハラ行為で処分された教職員は282人(同72人増)で、過去最悪となったことが判明した。また、神戸市立小学校の教員が同僚からいじめを受けていた問題を受け、パワーハラスメントなど教職員同士のトラブルで懲戒処分を受けた教職員について追加調査したところ、32人が該当した。

調査結果によると、わいせつ行為で懲戒処分を受けた282人の内訳は、男性276人、女性6人だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。