児童生徒1474人が体罰被害 骨折など傷害は177件

文科省が12月24日発表した体罰の実態把握調査によると、2018年度に全国の学校で発生した体罰は767件697校(前年度773件699校)だったことが分かった。このうち177件で骨折や打撲など傷害の報告があった。体罰を受けた児童生徒数は前年度より127人増の1474人に上った。

学校種別の発生件数の内訳は、▽小学校 183件(同1件増)▽中学校 268件(同10件増)▽義務教育学校 2件(同1件増)▽高校 287件(同30件減)▽中等教育学校 7件(同5件増)▽特別支援学校 20件(同7件増)――だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。