20年度から組み体操を禁止 事故防げず、神戸市が決定

 運動会などでの組体操による事故が問題となっていた神戸市教育委員会は12月20日、2020年度以降の運動会や体育大会での組み体操の実施を禁止する方針を決め、各学校に通知した。安全対策を徹底しても事故を防げなかったことから、有識者による検討会議の議論も踏まえ、「組み体操が安全な状態で実施できない」と判断した。

 神戸市では19年9月に、久元喜造市長が、組み体操の練習中に骨折事故が相次いで起きていることを受け、SNS上で学校に中止を呼び掛ける異例の事態に発展。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。