教職課程、学科・大学間の共同実施を可能に 中教審WG

 教職課程の課題を議論している中教審教員養成部会のワーキンググループ(WG)は12月24日、第7回会合を開き、文科省から複数の学科、大学間で教職課程を共同実施する方法に関する素案が示され、その検討を行った。素案では、教育現場のニーズに対応するため、教職課程について、複数の大学間や大学内の他学科と授業科目を共同開設する際の実施体制の具体案を示した。

 これまで、教職課程を開設している学科では、それぞれの学科が単独で必要な科目の開設や教員の配置を行うことを原則としてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。