AI時代に家庭・福祉のスペシャリストを 専門高が開校

2021年度に新たに開校する東京都立家庭・福祉高校(仮称、富川麗子校長)が12月21日、入学すれば一期生となる中学2年生とその保護者を主な対象に、キャリアガイダンスを開催した。同校は19年度末で閉校する都立赤羽商業高校の敷地に、令和最初に開校する都立高校として誕生する。保育・介護分野の人材や、人の心を豊かにする食を追求する人材を育成し、専門分野での高校の役割を強化する狙い。

同校は「家庭学科」と「福祉学科」の2学科を設置する予定。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。